ハッシーの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』評価&ネタバレあり感想

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』(原題:The Super Mario Bros. Movie)


『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は任天堂からの日本を代表するゲーム『スーパーマリオブラザーズ』を『ミニオンズ』などのイルミネーション・スタジオと共同で制作したアニメーション映画です


一応最近はあまりやれてないんですが自分はゲーム好きでもあって、やはりマリオには強い思い入れがあります。『New スーパーマリオブラザーズ』からやり始めて、そこから初代のやつから『スーパーマリオギャラクシー』とかやっていました。『オデッセイ』は内容は知ってるけどプレイはしたことないね


そんな世界でミッキーと同等に知らない人はほとんどいないアニメーション作品ですがどんな作品だったか感想を話していきます。たぶんあまり語ることはないからすぐ終わるかも


あと色々元ネタの話もしたいけど間違えたらごめんだし、「ほとんどいない」って言ったのは昔高校のクラスメイトの友人にガチでマリオを知らない人もいたりしたから「全員が全員知ってるわけじゃないけど」って意味で言いました。それだけ



単刀直入な話面白かったです。予告の時点でかなり詰め込んだ作品になりそうだなと予想はしてたし、それが90分だから行けるかなとは思いましたが割と行けてましたね


特に脚本や演出や映画的要素を語る部分はそんなにはないけど、キャラクターがそもそも魅力的だから魅力的なまま又はそれ以上になっていたり、ストーリーもルイージを助けてクッパを倒すシンプルな話で、そのストーリーの中でアクションなど詰め込まれてサクサク進んでいたけれど、どれも印象的でもう一度見たいなとは感じました


子供向けとは分かってたけど子供向けに作られてて、だけど子供だからといって下品な会話とかで笑わせるナメた演出じゃなくて、たぶん飽きるだろうなと思う修行シーンや旅のシーンは早く進んで、アクションはアクションでちゃんとしっかり見せていましたね。けど修行シーンをあまり見せなかったのもキノコ王国という慣れない世界にビビってるだけで、そもそものアクションの才能はブルックリンの時に見せていたから吸収が早いだろうとは納得はします


子供向けとは言いましたが大人でも十分楽しめます。少し少年心が蘇るシーンもあったし、クッパがピーチ姫と婚約したくて貯まらなくて童貞を拗らせる部分に笑ったり、全くストーリーとは関係ない「唯一の出口は死だよ。死は救済」と言ってくるキャラクターがいたりしてそこでもっと笑ったり、大人でも子供でも楽しめます。
楽しめるし、始めて映画館で映画を観る子供にはかなりピッタリな作品かもしれません


あとは何と言ってもマリオシリーズが好きな人なら嬉しいサプライズが様々散りばめたり、マリオ以外の任天堂関連のゲームが出てたりしてて、そこも楽しめる部分の一つですかね


例えばバルーンファイトの看板があったり、マリオが『パルテナの鏡』をやっていたり、ルイージの携帯の着信音がゲームキューブの起動音だったり、『レッキングクルー』のマリオのライバルキャラクターだったスパイク(ブラッキー)が登場してたりしてましたね
あとマリオと話してたゲームをしてたオジサンはマリオの元ネタになった人に似てたように感じたのは気のせい?


あとマリオ要素としては『オデッセイ』のボリーンが登場してたり、マリオブラザーズシリーズのアイテムが登場してたり、ヨッシーアイランドがあったり、ドンキーコングからディディーコングなどもいたりしましたね。流石にキング・クルールはいなかったわ


音楽なんかもマリオのゲームをアレンジしてたりしてて、色んな要素で色んな小ネタが散りばめられてるのでマリオだけじゃくゲーム好きでも楽しめる部分なんじゃないかなとは思いました。
けどキノピオ門番の「プリンセスは別のお城に行かれました」ってネタはどれくらいわかってる人がいたんだろう。あれすぐにわかる人いる?w



けど俺の見方が悪いんだろうけど、こういうゲームの映画化って必ずファンサービスが散りばめられてて特に一番理解あるマリオシリーズだから序盤からかなりそうした物を探す方向になってしまったせいもあって、序盤のブルックリンのシーンはあまり乗れなかったですね


けどやはり全体的に見てもとてもいい作品だし、マリオだから色々やれたんだろうなとは感じました。
マリオはほとんどが知ってるキャラクターだから映画でそんなにキャラクター説明や心情や、ルイージに対する思いとか深く説明することもないし、色々と遊び放題なキャラクターなんですよね。


劇中でも勇敢ではあるし、ドジだし、怖くなったり、それでも戦うマリオはどこか新鮮だけどすぐ受け入れてしまう。アクションやカーアクションなんかもすぐにできてしまうのも「マリオだから」と理由で違和感は感じないんですよね。立ち位置的にはミッキーみたいな感じかな。
まぁテニスやゴルフやサッカーや大乱闘やらしてるから、そりゃあ受け入れちゃうわ


クッパも童貞拗らせたり、ピーチも勇敢なお姫様になってたりしてキャラクターのアレンジは少しされても違和感はなかったし、レインボーロードがワイスピやマッドマックスみたいになってるのもすぐ受け入れてしまう。本当に色々やってきたマリオだからこそ、どんな状況下でも受け入れてしまうし、制作陣も色々と遊べたりするから、アニメーション映画としてのチョイスは大成功だとは感じました


■評価

最終評価は・・・




😀😀😀😀😀|😀😀😀😀●

10点中9点です



先も言ったけど大人から子供まで楽しめるエンタメ作品なので満席は多いけど、ゴールデンウィークの映画鑑賞にはかなりオススメな作品になっているのは間違いないです。是非見に行ってください




あとクソどうでもいいけど、実は今年に入って映画鑑賞やブログ更新がかなり激減してるんだよ。今年の今時点で鑑賞数が27作品なんだよ。普通は多いほうだけど、去年の俺とかと比べたらかなり激減してるんですよ

まぁ勿論理由があって仕事がちょっとヤバいくらい忙しくなったのと、引っ越しを予定して物件探しやらでそっちに時間を割いていました。だからたぶん今年はこの調子にはなるし、今年のベストは出来ても、ワーストランキングは十分には出来ないか今年はやめるかもしれないかな。
けど一応twitterとかでは元気にやってるから

心配は全くしてないだろうが、心配かけてすみませんでした。それだけ


あ!あと名前変えた!!




はい、そんな感じで!

それでは!