KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『すずめの戸締まり』評価&ネタバレあり感想


■作品紹介


公開日/2022年11月11日

上映時間/121分(2時間01分)

監督/新海誠

制作国/日本

■予告


■あらすじ

九州で暮らす17歳の岩戸鈴芽(すずめ)は、扉を探しているという旅の青年・宗像草太と出会う。彼の後を追って山中の廃墟にたどり着いたすずめは、そこだけ崩壊から取り残されたかのようにたたずむ古びた扉を見つけ、引き寄せられるようにその扉に手を伸ばす。やがて、日本各地で次々と扉が開き始める。扉の向こう側からは災いがやって来るため、すずめは扉を閉める「戸締りの旅」に出ることに。数々の驚きや困難に見舞われながらも前へと進み続けるすずめだったが……。

引用元:すずめの戸締まり : 作品情報 - 映画.com

■ネタバレあり感想

『すずめの戸締まり』


『君の名は』『天気の子』『秒速5センチメートル』で知られる今や日本アニメ界を代表する新海誠の最新作。結構前の制作発表会もかなり大規模にやられていて注目されていたので、彼がいかに偉大になったのか分かります。


当ブログでは最初に言っておくと新海誠作品との相性は良くないです。『秒速5センチメートル』はオールタイムワースト映画に入れたいくらい好きじゃない作品だし、『君の名は』は好きな部分もあるけど世間が絶賛するほどではないと感じたし、『天気の子』は新海誠作品の中では一番好きですがこれも世間の評価よりかは下です


なので新海誠作品が大好きでこの作品も好きで不満の感想を聞きたくない人は今のうちにブラウザバックすることをオススメします。ちなみにこんな配慮するのはかなり珍しいし、新海誠だからと言って正直な感想は変わらずに言っていきます。


褒める点を先に話すと歴代の新海誠作品を全て見てきたわけじゃないけど、今までの作品の中では声優の演技は抜群に素晴らしかったです。変に声が合わないやつがいたりとか、下手な人がいなかったりして、それだけでも安心して見れました


今回のすずめ役の人も良かったんだけど、草太役を演じた松村北斗の声優演技は素晴らしかったです。予告の時からも上手いとは感じてましたが、本編でも違和感ある部分はなくて櫻井孝宏河西健吾に近いような声質はかなり聞いてて気心地がいいです


松村北斗の演技で好きだったのがすずめと新幹線に乗るシーンで、新幹線の速さに驚いたり、すずめが富士山を見逃すして喚いてる時に「ごめんごめん」とか「そうだね」とか軽く流しすような声の演技がかなり面白ろくて好きでしたね


他褒めるとするなら個人的に『天気の子』や『君の名は』のように劇中にRADWIMPSなどの歌が流れないことでしたね。別に流してもいいし、本作も流れていたっちゃ流れてはいたけど昭和の曲を車の中で皆が聴いてるってシーンがあるから違和感はないです。


要は今までのそういう演出をしてもいいんだけど4回も5回も流れるとしつこいし、感動してくださいって感じはするし、歌詞付きの曲が流れるとセリフが聞こえなかったりする時がありました。本作はそれが一切なくBGMとかで演出を彩っていたりして、ファンからしたら物足りなさはあるかもだけど、個人的には映画がよりスマートになったからかなり見やすかったです


あと細かい部分を言うならキャラクターデザインはまた良かったし、なんか今までよりかはファンタジーさがあってそれにあったイスのキャラクターや猫のキャラクターもかなり可愛いから、たぶん新海誠作品を初めて見る小さな子供とかも見やすい形になっているのかなとは思いました







じゃあ全体的に良かった作品かと言われたら個人的にはそんなに絶賛するレベルではなかったかなとは感じました。


たぶん新海誠作品大好きな人は先も言ったけど物足りなさはあるだろうし、前までの作品が嫌いだった人は逆に好みなんだろうし、多分極端に賛否はそこまで別れないだろうけど世間の演技で評価は高くなるでしょう。
ただ俺は新海誠というブランド無しで見た際にひとつの映画作品として見ると、確かに見やすいし好きになる部分はあるけれど気になる部分が多くあった印象はありました。


例えばこれは監督の悪い癖で状況を口で説明しすぎてました。めちゃくちゃ多いわけじゃないんだけど、例えば草太が椅子になってしまった後に廃墟の遊園地にあるジェットコースターの上を走るシーンがあります。


その時のセリフがなんか「前よりも早く走れる。そうか体が椅子に慣れてきたんだ」というのがあって、別にそれを口で説明しなくても最初に椅子になった時の歩き方すらぎこちなくて、それと比べたら大分早くなったというのは目で見ればわかるし、せっかく3本足のイスが動くという面白いアニメーションがあるのにそれを口で説明するのはアニメーションとしては勿体ないなと思いました



アニメーションに関してもうひとつ言うと背景やアニメは確かに綺麗だったし美麗なんだけれど、映画のコンセプトがロードムービーになっている割にはじゃあそのロードムービーの中で見ていくであろう風景や景色を活かしていたかと言われたら微妙だったし、心に刺さるようなアニメーションシーンがあまりない印象刃ありました。


キャラクターに関しても不満はあってキャラクターそのものと言うよりキャラクターの繫がりと言うか
すずめ達が旅をする中で色んな人に出会って色んな人にお世話になるんだけど、なんかこんなこと言ったら「じゃあどうすりゃあいいんだよ」ってなるんだろうけど、色々上手く行きすぎだなとは感じました


人間優しい人もいれば悪い人もいたりして、人と出会っていってすずめが成長したり、すずめと出会った人達が心を開いていくとかあれば良かったなというのが個人的な好みの話なんだけどさ。


そこまで皆が優しくする程すずめになにか魅力があったかと言われたらあまりないし、もっと言うなら試練や物語の壁に関してもミミズを防ぐことしかないから、1時くらいは出会った人と仲良くなりミミズを防いで、また出会った人と交流してミミズを防ぐという繰り返しだから見やすいっちゃあ見やすいけど、逆に言えば途中で飽きます


たぶんミミズ以外のことで視聴者にストレスを与えたくないという考えだったのかもしれませんが、人との出会いや繋がりは勿論、じゃあお金とかはどうするの?というツッコミ部分もあります。船乗ったり、新幹線乗ったり、電車乗ってたりしてかなりの運賃になるはずだし、その高い運賃を果たしてひとりの女子高生が持てるのか疑問だったり、余計な考えが出ちゃいます


それにもっと言うとすずめが過去に東日本大震災の被害者という描写はあるけれど、それでもたった3日で東京に住む全員の命を背負い込めるのか、そういう成長はなかったし、『君の名は』とか『天気の子』と比べるのは野暮だけど好きな人を救いたいという気持ちもかなり唐突だったような気がします


確かに草太とすずめが良いコンビだったというのは絵的に分かるけれど、その絆を深める描写があまりにも少なかったし、特にすずめが草太に一目惚れするような描写はあれど、より彼を好きになっていくという絆が深まる部分もあまりにも少ないし、そういうシチュエーションも少ないから、彼を死んでも助けたいくらい好きになる気持ちが唐突には感じます


そもそもの話、ここまでファンタジー色が強くてロードムービーで、災害の話をより鮮明に描いているこの作品に果たして恋愛要素は必要だったのかなという部分はあって、恋愛要素がなくても話は成り立つなとは思いました


あとは不満ではないけど、新海誠作品というよりジブリ作品を見ている気分にはなりましたね。『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』とかそういう感じの作品を見ている気がして、エンドクレジットのあるシーンもなんか『となりのトトロ』が頭に過りましたね


そういう意味では新しい挑戦をしたなとは思ったし、新海誠らしくはなかったなとも感じられて、ここら辺でたぶん賛否が分かれそうだけど…。そこら変ファンはどう思うかだよね


■評価

最終評価は・・・





😀😀😀😀😀|😀●●●●


10点中6点です



俺は好きとか嫌いというよりもわりかし普通に楽しめる作品ではあったなとは感じました。けど全体的に見ると不満や気になる部分はあるし心や記憶には刺さらなかったから、たぶん2度は見ないかもしれないです。




はい、そんな感じで!

それでは!