KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』駄作降臨の間違いでは?評価&感想【No.656】

f:id:Ko-tachannel:20200318121150j:plain

■作品紹介


公開日/2020年3月13日

上映時間/93分(1時間33分)

監督/河合勇人

制作国/日本

■予告


■あらすじ

夜の世界の中心に位置する町、通称ナイトリング。一介の土木業者だった安藤シンタロウは、この町を代表するナンバー1ホストクラブ「クラブ・テキサス」の代表にまで上り詰めた。自身の名を「ドリー」と改めた彼は貴族として、この世に暮らす弱者たちを守り、すべての人が笑って暮らせる高貴な世界を作ることを決意する。一方、聖ブリリアント学園で「三代目伝説の王子」となった朱雀奏は世界中を奔走し、王子道に邁進していた。貴族と王子、それぞれ頂点を極める2人の男がついに顔を合わせる時がやってくる。

引用元:貴族降臨 PRINCE OF LEGEND : 作品情報 - 映画.com

■ネタバレあり感想

f:id:Ko-tachannel:20200319021628j:plain

『駄作降臨 WORST OF LEGEND』
あ、間違えた。
『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』


三代目の最強の王子を決める世界の誰もが鼻で笑ってしまう大会を描いた映画『PRINCE OF LEGEND』の公開から大体1年。
1年?!バカみたいに早すぎだろ!銀魂』とか『コンフィデンスマンJP』と言い、なんでそんな続編を短いスパンでやろうとする?


そんな1年前続編ありきな終わり方をしてから、秋にドラマがやっていたことを知らずにそこからまた映画化する流れになるというそろそろ映画とかを作る金があるなら最近風向きが怪しくなってるLDHの音楽活動に全振りしたらどうなんだとファンでもない俺がとりあえず言う。


そんな今作はホストクラブ「クラブ・テキサス」のNo.1ホストであるドリーが聖ブリリアント学園に出向き「プリィ~~~↝↝↝ンスゥ・・・イィ~~・・・ズゥゥ・・・・デェ~~~↑↑↑ツォ」するらしいです。あーつまり乗っ取ろうとするらしいですよ。ちなみにこの台詞をドリーだけに室井滋の声で再生しても面白い。


ちなみに前作は鑑賞済みでレビューもしているし、2019年のワースト映画ランキングで堂々の7位にランクインしてるよ。それを踏まえた上での感想になります。



とりあえず前作の王子様選手権とは売って変わりストーリーができていた作品でしたね。ストーリーができてよかったねってだけであって他は別に前作と変わりはないです。


そもそもストーリーがあるのは構わないんだけどストーリーがあると逆にガバガバしていた前作のダメな点が余計ボロボロと現れた作品なんですよ。だから今思うとこういう映画はストーリー無しで何を見せられてんだろうって感覚に陥った方がいいのかも知れませんね。


まぁ今回も何を見せられてるのかよく分からない作品なのは同じなんだけど、これは悪い意味でってことで


なんか色々とあーしたいこーしたい言っておきながら根本的な部分が見当たらないんですよね。
例えば片寄涼太演じるドリーは「皆を笑顔にする世界を作りたい」とか言ってますが、なぜそう思ったのか、過去に何が起きたのか、それを達成するまで何をするのかとか見当たらないんですよ。


俺はドラマ版は見たことないからそこら辺はたぶんドラマ版で話してると信じたいけど、それでもあんな無駄な銀河万丈さんのナレーション使うならそこら辺の説明をナレーションでもいいから使えよ


兄との約束というのもありますがそこからもそうは思えなかったし、この二人の夢もガバガバですよね。貴族になるのが夢ならなぜドリーは貴族とは遠い土木作業の仕事にいたのか。
「貴族になってプロレスやろう!」と子供ころの回想が入りますが、貴族よりもプロレスラーになった方が手っ取り早いと思うし、エペを使ってプロレスっていうのも斬新だけど誰が好むんだろう。だったらまだあそこは仮面ライダーごっこしててくれよ


あとマジレスすると今回のフェンシングの試合ってアレはアリなの?試合前にフルーレって言ってたから、試合的には腕とか足とか判定無しなはずなんだけど、腕やら背中やら判定ありにしてたからもうなんなんだろうね。よく分からんわ


それに仮にそれが全身ありにしてもなんかアクション映画でありそうなあの剣術はスポーツ的にはどうなの?普通に無しだろあんなの。絵的に盛り上がるにしても、あれがスポーツ会場ならブーイングまっしぐらだし、最初の構えの部分なんて音がまんまライトセイバーだしでもうこれだけでツッコミところ満載。あの先端が光る演出もたぶんこの動画をパクったんだろうなぁ


とりあえず俺はフェンシングはあまり知識はないから偉そうには言えないけど、ひとつ言えるのは客うるさい




f:id:Ko-tachannel:20200319021642j:plain




他にも根本的にツッコみたい部分は結構あります。例えばセレブ王子の側近だったメガネ王子はドリーに寝返ります。メガネ王子はセレブ王子に特別な感情を抱いていてそこをドリーに眼をつけられて弱みを握られたのかと思いきや、ただどうでもいい道のど真ん中で下手くそな倒れ方をしてドリーにお姫様抱っこで助けられただけで「命の恩人」扱いとか笑えるわ


だからメガネ王子がドリーに寝返ったのかも分からないし、ドリーに嘘をついてセレブ王子を助けた割にはセレブ王子のもとに帰らないのも分からないし、「まだ戻れない」とか言いながらピーピー泣きながらドリーの元へ帰るなら最初からセレブ王子の元に帰れよと言いたいです。何がしたいんだコイツ。頭いい割に乗除不安定かよ


その弱点を教えるのもフェンシングでセレブ王子の弱点は右足だよと教えますが、なぜそこが弱点なのかもロジックが無い。怪我をしたから、生まれつき足を引きずるとかなら分かるけど、そこすらも説明はされないし、結局嘘だからさなんか…もう好きにしてくるよ


学園の乗っ取り方も謎。落書きや理事長のデマ流しは他の奴らがしたので置いておいて、ドリーたちがやる乗っ取り方法が女性たちや学生の母親たちを胸キュンさせるというカイジでもなかなか発想できない乗っ取り方法なんだよね


その他にも学園のものを自分達のものに許可無く変えたりハイローでもやらない悪さをするなどやりたい放題。さらには学園にエステとか色々と追加したりする。これが貴族と名乗るなら皆貴族を名乗れるし、てか貴族というよりめんどくさいヒャッハーなんだよな。
そしてなにより生徒の母親が金持ちに見えないのはどうなんだい?


他にも貴族側のモブキャラが個性的な奴ら多い割にあまり中身が魅力的じゃないかは実写版『るろうに剣心』の十本刀みたいな扱いになるし、他のメインのサブキャラの話もサブストーリーとして語られるけど正直どうでもいいし、学園側の生徒会長も漫画みたいな権力ありそうな割にはなにもやらないでただセレブ王子の必勝祈願で何故か九字切りやるし。
おめぇーいつから筋肉バカから陰陽師ジョブチェンジしたんだよ


そもそもドリーがなぜあれだけ称えられてるのか分からないですよね。兄の力というのもありますが、ドリー自信にあまり魅力やカリスマ性は感じられないんですよ。


土木業の時は確かに男らしく仲間思いだなという部分は見受けられますが、ドリーになってからはただ片寄涼太GACKTのモノマネをしてるだけだし、逆に男らしさとか「こいつに付いていきたい!」って部分はないです。「変わったな」とは言いますがなんか変わりかたの方向性が中二病のアレと同じだから笑えるんだよね。
そもそも片寄涼太自信にあまりカリスマ性はありませんし、もしあのドリーの演技が「徹底的に追求した」と言うなら日本映画界の恥さらしですよ


カッコいい感じの映像を見せるわざとらしい演出もなんかしつこかったな。「イケメンでしょ?」「カッコいいでしょ?」「キラキラしてるでしょ?」の三拍子揃ってるから映画全体のリズムもそれでボロボロになっていたんですよね。


ファン向けと言えばファン向けなんだろうけどさ、そもそもファンもそういうの望んでるのかな?三代目とかのファンもそういうのをあまり望んでないって話はかなり聞くよ。


最近皆が皆ではないけどわざとらしいイケメンキラキラ映像でキュンとさせるよりかは、『恋つづ』みたいなあり得ないようなシチュエーションを自然体で見せて視聴者の心を奪うというのが求めれてるんじゃないかな?


それからオマージュ。去年アメフトが盛り上がったからウォークライやってるし、『ボヘミアン・ラプソディ』か『ロケットマン』かは知らないけど、ピアノを弾いて突然ミュージカルやるし、エンドクレジットのおまけ映像にはジョーカーが現れたりして正直中指立てたくなったよ。心では立てたよ


なんだろうね。去年の渋谷のハロウィンみたいな服装はホアキンジョーカーだけど顔はヒースジョーカーでいいかみたいなあのノリ。その軽いノリがこの映画に終始あったから見ていて気分が悪くなるんだよ。


別にオマージュはいいんだけど、この映画はただやりたいからとしか見えないんだよ。だったらさっき言った『ジョーカー』も『タクシードライバー』や『キングオブコメディ』などオマージュ部分はあるけどそれは敬意があるからやっていて、この映画は仮に敬意があっても見ているこちらは敬意は見られなくてただ「笑ってくれたらいいな」っていう軽いノリでしか見れないから俺のジョークよりもキツイぜ


確かに前作よりストーリーというストーリーはあるけどストーリーがあるから逆に余計ボロボロになりましたね。前作のようなバカ丸出しの映画ならまだ見れたと思います。


■評価

f:id:Ko-tachannel:20200319021657j:plain

最終評価は・・・





😀●●●●|●●●●●

1/10です。



俺は正直まだ前作の方が好きです。前作も駄作ですがキャラ説明は全員ちゃんとしてくれたしバカなりに吹っ切れた映画ではありましたが、この映画は逆にダメな映画を余計ダメにした作品でした。

なんかまた続編ありそうですがもういらないです。まぁ公開するならなんだかんだ見に行きますがね。





はい、そんな感じで!

それでは!