KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』この人たちにジョージア奢りたい。評価&感想【No.507】

f:id:Ko-tachannel:20181115003941j:plain

■映画情報


公開日/2018年6月22日

上映時間/134分(2時間14分)

監督/ジョセフ・コジンスキー

製作国/アメリ

■予告

■あらすじ

学生寮で堕落した日々を送っていた青年ブレンダンは、恋人の妊娠をきっかけに生き方を改めることを決意し、地元の森林消防団に入隊する。地獄のような訓練に耐えながら、ブレンダンはチームを率いるマーシュや仲間たちとの絆を深め、彼らに支えられながら少しずつ成長していく。そんなある日、山を丸ごと飲み込むかのような大規模な山火事が発生する。

引用元:オンリー・ザ・ブレイブ : 作品情報 - 映画.com

■Review

f:id:Ko-tachannel:20181115003952j:plain

オンリー・ザ・ブレイブ』(原題:Only the Brave)は、
2013年にアリゾナ州で起きた巨大山火事に立ち向かった消防精鋭部隊ホットショットの姿を描いた実話に基づく映画。

最近のニュースだから覚えてる人もいるのではないでしょうか?私も詳しくはわかってはいませんでしたが、こういうニュースがあったという事だけは覚えています。そんな状態での感想です。





なよなよした男が出てこない筋肉ムキムキマッチョマンの男たちしか出てこない山火事消防隊の実話をもとにした作品。


普通の消防隊にも何かしらの技術はあると思いますが、この山火事での対処法も面白いです。ただ水を撒けばいいという話ではなく、木を切り倒したり、周囲に溝を掘ったり、またある時は目には目を、歯には歯を、火には火にをと言う感じでわざと火をおこし火と火をぶつけて消化するというやり方がありました。


火災での迫力は凄まじいし、その中での冷静かつ計算つくされた技術を見るだけでもこの映画は楽しめます。筋肉マッチョなのにも関わらず常に仕事の時は冷静に現場を捉えて作業をするとか男でも惚れます。


メンバーも二十人くらいいて、正直誰が誰だか多いので分からないんですが、どいつもこいつもいい奴だし、こういうやつらと一緒に仕事をして酒を飲めたらきっと楽しいんだろうなというメンツばかりでしたね。


消防活動だけでなく、しっかりメンバー同士の絆を描いていたり仲の良さをしっかり描いていたのも良かったです。それに変に余計なドラマも作らなかったのも正解でしょう。


特にジョシュ・ブローリン演じた署長のキャラクターは良かったですね。厳しいんだけど常に仲間のことを想ってくれてる人情味あふれたキャラで、ブレンダンが辞めたいといった時もただ止めるのではなくしっかり彼の未来のことも考えていたり、移ってしまえばまた麻薬をやるんじゃないかと心配してくれたりしてくれる上司にしたいキャラでしたね。「お前のことを想って話してるんだ」をしっかり具現化してる人です。


演技に関しては皆素晴らしく、特にブレンダン演じたマイルズ・テラー演技は素晴らしいです。赤ん坊が出来たことで麻薬を止め仕事に就こうと決心をしてこの職場に入るんですが、麻薬におぼれてた頃と仕事に慣れてきた頃の顔つきが全然違います。この顔の演技が最高でしたね。


赤ん坊が出来て心切り替えようとか、自分が子供のころ不在だったから娘にだけはそんな思いをしてほしくないとか、少し映画っぽい部分はあるんですが、マイルズ・テラーの演技のおかげですべてのことに説得力を感じます。まさにこの人が言ってるような。


結構女性が惚れるかどうかは怪しい部分ではありますが、男性が見たら結構惚れる部分は見つかると思いますね。同時に「働いてる男ってかっこいいな」「何かを守るために一生懸命になるのっていいな」と見終わった後思う事間違いないと思います。


そういえばこの映画の日本版予告でEXILEが主題歌担当していましたね。あれってどうなんだろう。いや、普通の予告をみるとさ面白そうな映画だと思うんだけど、EXILEの主題歌入り予告を見ると一気に邦画のお涙頂戴クソ映画のような予告になるんですよね。やっぱ作り手の腕だったり、主題歌が合ってる合ってないで映画予告の良し悪しが分かれるんですね。面白いなぁ・・・。


■評価


f:id:Ko-tachannel:20181115022353j:plain


最終評価は・・・





☺☺☺☺☺|☺☺☺⚫⚫

8/10です。




二時間越えの作品ですが話のテンポも良いし、最後は本当に感動してしまうので是非まだ見てない方は見ることをオススメします。





はい、そんな感じで!

それでは!