KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『ファーゴ』人とはとても哀しい生き物である。評価&感想【No.434】

f:id:Ko-tachannel:20180728102206j:plain

■映画情報


公開日/1996年11月9日

上映時間/98分(1時間38分)

監督/ジョエル・コーエン

製作国/アメリ

■予告

■あらすじ

多額の借金を抱える自動車ディーラーのジェリーは、妻ジーンを偽装誘拐して彼女の裕福な父親から身代金をだまし取ろうと企てる。ところが誘拐を請け負った2人の男が警官と目撃者を射殺してしまい、事件は思わぬ方向へ発展していく……。

引用元:ファーゴ : 作品情報 - 映画.com

■Review

f:id:Ko-tachannel:20180728211911j:plain

『ファーゴ』(原題:Fargo)は、
コーエン兄弟が監督、脚本、製作をした『赤ちゃん泥棒』以来のヒット作となったクライムサスペンス映画。しかしジャンルはブラックコメディ。

1996年のアカデミー賞で作品賞を含む7部門にノミネートされ、そのうちの主演女優賞と脚本賞の2部門を受賞しました。カンヌ国際映画祭監督賞など多数受賞しています。





映画の始まりに「これは実話である」(原文:THIS IS A TRUE STORY.)という文章が流れますが、別に実話をもとにしている作品ではなく全てフィクションです。なぜこんな事をしたかは定かではありませんが、きっとコーエン兄弟の遊び心なんだと思います。


この映画は初見でしたがキャラクターの描かれ方は本当素晴らしい作品でしたね。雰囲気とか訴えるものは違いますが、このキャラクターの生かされ方が2018年に公開された『スリー・ビルボード』に良く似ています。この作品が好きなら今回の作品も好きになるでしょう。


要はキャラクターが表面上だったり典型的な人が誰一人いないんですよね。優しい人なら終始優しい人・・・ではなく、普通なら優しい人でも怒るときはありますし、怖い人でも戸惑ったりするはずで、こうしたリアリティあるキャラクターがこの映画では良く出されています。


クライムサスペンス映画であり、ブラックコメディ映画でもありますが、私としてはこの映画をヒューマンドラマとして見てほしい部分はありますね。


物語は好き嫌い別れそうですよね。コーエン兄弟ですから仕方ないかもしれません。私は好きなんですが、ただこれが深読みする作品であるのか、それともただ単にヒューマンドラマとして見せたシンプルな映画なのか、そこもまた厄介でありどう思うかという楽しみもできる気がします。




f:id:Ko-tachannel:20180728211934j:plain




私が思うにこの映画は「人間はなにか側になければ、生き甲斐のない哀しい生き物になってしまう」と伝えたかったのかもしれません。今回の登場人物で比べると女性警察官には愛する男性とこれから生まれてくる新しい家族が側にいます。


しかし妻を誘拐して欲しいと頼んだジェリーは自分の金の無さに金欲しさにそういう依頼をしましたし、カールは相棒に不安はあったり女を抱いても大して気持ちが晴れない所を見ると金や殺しに手を染めたり。


一番そういうのが見られるのはカールの相棒のゲアでしょう。なんで何人も殺しをしようとしたのかは説明はしません。もしかすると彼は愛情が欲しく、その愛情すら分からなくなって何か執着できるものとして殺しを選んだのかなと思います。勿論全て私の考えですので当たってるか分かりません。


もしかするとゲアはただ単に殺しというものをしたかっただけの男かもしれませんし、もっと違う理由もあるでしょうが、口をあまり開かなかった序盤と比べるとカールに対しだんだん口数が多くなっていって、最終的にあんな残酷な殺し方をしてるのをみると、心が開いていた状態だったのに最後裏切られたと思ってゲアはああいう行動を取ったのかなとしか思えません。


なので私はやはりこの映画は人の執着心だったり、人間が孤独や不安になるとどうなってしまうのかという心の微妙なラインを映したそんな作品なのかなと思いました。


不満点を上げると、多少必要かなと思うシーンが結構長く感じる時がありました。マージがある男と話して、その男がマージを口説こう(?)としているような感じのシーンなんですが、結構間延びしてる感があったのでそのシーンだけちょっと退屈ではありましたね。


けど全体的に見て、思ったより笑えるシーンもあったし考えさせられる作品でした。コーエン兄弟の作品でオススメできるかどうか、私はコーエン兄弟の作品を全部見てきた訳ではないので分かりませんが、けど私からはおススメできる1作品です。


■評価


f:id:Ko-tachannel:20180728212004j:plain


最終評価は・・・





☺☺☺☺☺|☺☺☺☺⚫

9/10です。




一応舞台が冬ですから今の時期に見るにはピッタリではないので、冬になってから見ることをオススメします。まあ、冬に見たところで何が変わるって訳ではないですが・・・。





はい、そんな感じで!

それでは!