KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

エンドクレジットで帰っちゃうのはマナーが悪いのか?映画館のマナーについて私が思うことを書いてみた

f:id:Ko-tachannel:20180525164823j:plain

どうも、KOUTAです。

沢山の最新作を早く見るために皆さんは映画館に行くと思いますが、その映画の感想と同時に出てくる変わらない話題があります。

タイトルから察する通り映画でのマナーが悪い人について話題になります。これは常に続く話題ですよね。

今回はそんな映画マナーについて私なりの考えで話していきたいと思います。マナーを守れない人、それについて文句をいう人などにも触れていけたらなと思います。

エンドクレジットで携帯を見たり、喋ったり、帰るのは悪いのか?

私がTwitterを見ているとよく見かけるのは「なんでエンディングで帰る人がいるのか」「どうしてエンドクレジットでスマホを見るのか」という意見が多くみられるようになりました。


この人たちの言い分としてはエンドクレジットは暗くなるから携帯の光が一部分光ると目立って気なるとか、帰る人の動きが気になり折角余韻に浸りたいのにそれが気になるという人などなど・・・。


で、結論から言うと私の言い分としては別に悪いとは思いません


流石に上映中に携帯を見続けたりするのは流石にダメですが、エンドクレジットってもう映画の本編が終わってスタッフや俳優の名前が流れるだけなんですよ。正直に言えば本編が終わったらもう後は最低限は何をしても良いんじゃないのかなと思います。


それこそ携帯で時間を確認したり、仕事からのメールとかチェックするくらいならいいんじゃないのかなと私は思います。


帰るのも別にいいとは思います。本編終ってんだから。私なんて仕事の前に映画へ行って終わったら仕事に行かないといけないんでエンドクレジット中に帰ることもありますよ。


ルールを縛ると映画の楽しさを失う

映画館の良い所って最新作を見れるというのもありますが、何よりその時に一緒にみるお客さんを映画体験ができるというところが一番いいと私は思うんですよ。


去年公開された『銀魂』は私が入ってたスクリーンは満員でした。その時のコメディシーンは本当みんなで爆笑したし、定春がでたシーンは皆口々に「可愛い」と言別に聞いてて嫌にはなりませんでしたね。なんかその場限りだし知らない人たちなんだけど、皆が友人や家族と思えるような絆をそこで感じれたんですよ。


それをよりルールを縛りすぎるとなんか今後コメディ映画なのに「映画館で静かにしないといけないのに笑い声がうるさかった」とか、子供向け映画なのに「映画館なのに赤ちゃんの声がうるさかった!連れてくるなよ」とか、感動できる映画で「すすり泣きがうるさかった!」とか言いそうな人が出てきそうで怖いです。


そういうルール、ルールと縛り続けると本来の映画館での楽しみを失うと思います。その人たちが言ってるのってディズニーランドで「笑うな、はしゃぐな、大声出すな。真顔でいろ」って言ってるのと変わりませんよ?


観客に完璧なマナーを求める人は・・・。

観客に完璧なマナーを求める人は映画館に来ないで家でDVD見てればいいと思います。逆にルール守らない人が来なければ良いと思う人もいますがそんなのは無理でしょう。俳優目当て、原作の実写がどうなったか気になる人、デートや家族連れなど多種多様な人が来るんですから100%映画好きが来るという事はあり得ません。


そういうたくさんの人が来るんだから、何かしらのマナーミスをしたりするのはもうしょうがないです。彼らには彼らの生き方があるし、彼らのルールがあります。そういう人たちが集まる中でマナーを守れと強く求める人は人の人生や生き方を否定して自分が正しいと言ってるのと変わりはないです。


先ほどエンドクレジットで帰る話も「マナーが悪い」と言った人は何で帰るのかとか考えたことはあるのでしょうか?急に仕事が入ったからとか、急に大切な人が倒れたとか、そもそも映画がつまらないから考えたのでしょうか?


この間も「友人を連れて映画に行ったら鼻すすったり、髪をいじったりでうるさかった」というツイートを見たときは驚愕しましたね。それも人それぞれなんだから仕方ないし、人なんだから鼻すすったりするのは仕方ないでしょう?!それで煩いからマナー守れは流石にその人自身を否定してる感じがしました。


こういう小さいことでも気になるようなら、映画館が空いてる平日とかに行くか、もう映画館に行かないで家で見たほうが良いと思います。それでも休日に映画館に行きたいという人は「これが運命だ」と受け入れるしかないです。


余韻大好きナルシストマンが映画館の娯楽を台無しにする

フォロワーとか減りそうな内容ですがその覚悟で言わせてもらうと、個人的にエンドクレジットで余韻に浸る人は結構見ていて寒いです。確かに私も余韻には浸りますがそれは傑作を見た時だけです。


私みたいに映画を年間に何百も見ているとそんな何百もエンドクレジットで余韻に浸ると逆に疲れます。じゃあなんでエンドクレジットまで残るかというとオマケ映像があるかもしれないからくらいですよ。DVDで鑑賞するとき私エンドクレジットなんて早送りしてますからね。


「映画のエンドロールまで残る私カッコよくない?」「余韻に浸る私は映画通だな」と思ってる人は中々のナルシストで結構寒いです。ワインの銘柄も分からないくせに味で銘柄を当てようとする自称ワイン通並みに寒いです。


さっきも言った通りある程度のルールは守ったほうが良いですが、さすがに本編が終わったからエンドロールに立ったり携帯を少し見たりするのは良いでしょう。


それに対して毎回文句言う人は「エンドロールで立ち上がるのはマナー違反」を「エンドロールで余韻に浸ってる私の時間を邪魔するな!」って言いたいようにしか思えません。


そういうナルシストがいるから娯楽として楽しむことが出来なくなってきてんですよ。良いじゃないですか。別に茶道とか、フルコース料理を食べてやってるわけでもないんだから。


結論


エンドクレジットで帰ったり携帯見るのは良い。ただし本編中は最低限のマナーを守ってみんなの映画を楽しむ!そしてマナーを注意する人は人の完璧を求めるな!


多少の我慢は必要です。ただし流石に本編中に大声でしゃべったり盗撮なんかしたら注意したほうが良いと思います。これはあくまで私個人の意見ですので参考程度に受け止めてもらえればいいなと思います。こういうマナーが強すぎて本来の映画館の楽しみ方が無くならないことを祈ります。


ちなみに当ブログでは初めて目次というものを使いました。知ってはいたんですが使うタイミングがなかなか見つからないで今回に至りましたが、結構使い勝手も良く楽しいしブログらしいですね。この機能を少し増やしていけたらいいなと思います。


はい、そんな感じで!

それでは!