KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『スクールアウトサイダー』評価&レビュー【Review No.262】

f:id:Ko-tachannel:20170922141703j:plain

■映画情報


公開日/2017年8月31日

上映時間/63分(1時間03分)

監督/松本花奈

製作国/日本

■予告


■あらすじ

田舎町にある学校の落ちこぼれが集まるA組の生徒そら、エイジ、ツリメ、リクヲの4人は、成績優秀な隣のB組と対立していた。そんなある日、百合という美少女がA組に転校してくる。一気に浮足立つ4人だが、見た目とは裏腹につっけんどんな態度の百合に意気消沈。しかし、百合のその態度の裏に隠された秘密を知った4人は、百合のためにある決意をするが……。

引用元:スクールアウトサイダー : 作品情報 - 映画.com

■Review


f:id:Ko-tachannel:20170922145755j:plain


『スクールアウトサイダーは、
動画配信サイトYouTubeで高い人気を誇るグループ「アバンティーズ」主演で本気で映画製作した作品。


YouTuberが長編映画を企画し主演をしているというのは私が知っている限りだと初だと思います。
アバンティーズはチャンネル登録してるくらい好きなYouTuberグループです。





映画として見ると最初はあまり期待はしていませんでした。
けどとても面白い部分はあるし、1800円とはいかないけどお金を払ってもいいレベルの映画です。
ある意味無料でYouTubeに公開してるのが勿体ないです


予想してたより良かったのは演技面です。
アバンティーズ事態演技が試されるような動画も作りますがあくまで素人で俳優ではありません。
ですが、それでもとても自然的だったし高校生の年齢ではないけど高校生のように見えたのは素晴らしいです。
なにより彼ら4人が楽しそうに演じてるのは良いと思います。


他のキャラクター達は本物の俳優を使いますがまだ無名です。
無名だからこその新鮮で自然でクセのない演技をしていました。
それが映画と良くマッチしていました。


映画は田舎に住む高校生の生活を撮してますが、
その山や自然の景色、光の撮り方など映像やカメラのフレーミングは上手いですし美しいです。


最近の邦画はどんなに美しい自然があってもそれを美しく撮れない映画が多いです。
そんな中この映画は映像にも拘りを見せて、自然や光の美しさをより美しく見せていました。
ここ最近の邦画の映像の中ではかなり綺麗です。





ただね。ただ不満点はありました。


一番気になったのはヒロインの小松もか演じたキャラクター。
小松もか自体の演技も微妙だし、キャラクターとしてもよく分かりません。


結構ヒロインの性格が情緒不安定で意味のわからない行動をします。
イラついたり笑ったり、またイラついたりするのが前半多く使われています。


それをする意味も一応説明はされますが、恥ずかしい台詞を言って明確な部分はあまり言いません。
やってきた行いについても最後まで謝りはしなかったので好きにはなれません。


映画全体で言えますが台詞が結構恥ずかしい台詞や説明口調です。ですがそこまで多くはないです。
ただアバンティーズの演技は良いのに台詞が可笑しいと違和感があります。


途中でダンスをするシーンがあります。女の子が来て嬉しい気持ちを表しているとは思いますが正直いりません。
他の方法でもそれを表すことが出来たはずです。


ダンスシーンで嬉しさを表現してるのに皆真顔で踊るので「こいつら本当に嬉しいのかよw」と二つの意味で可笑しかったです。


細かい部分を言えば札取りの優勝者がアスリート並みと言ってたのにそれがはじめしゃちょーだったり、
朝ついていたシミが夕方には真っ白になってたり少しツッコミたい部分はありました。


けどそれを踏まえてもとても良い青春映画だったし、YouTuberが関わる映画と言うとこれはこれで新鮮味のある映画作品だと思いました。


■評価


f:id:Ko-tachannel:20170922145816j:plain


最終評価は・・・




☺☺☺☺☺|☺⚫⚫⚫⚫

6/10です。

 


映像や演技も良いし1時間ではありますが見終わった後とても爽やかな気持ちになれる映画でした。


夏向けですし時期的に夏は終わりますが今見ても十分に楽しめる映画だと思います。





はい、そんな感じで!

それでは!