読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

【ディズニー映画制覇!】第9話『レミーのおいしいレストラン』

f:id:Ko-tachannel:20170217230712j:plain

■映画情報


公開日/2007年7月28日

上映時間/112分(1時間52分)

監督/ブラッド・バード&ヤン・ピンカヴァ

製作国/アメリカ

■予告


■あらすじ

料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。その様子を見ていたレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿をリングイニに目撃され……。

引用元:レミーのおいしいレストラン - 作品 - Yahoo!映画

■Review

f:id:Ko-tachannel:20170218012014j:plain

『レミーのおいしいレストラン』(原題:Ratatouill)は、ピクサー・アニメーション・スタジオの長編アニメーション映画になります。

ピクサー映画は数々の名作を世に送り出した素晴らしい会社です。
そんな会社はこの映画でも素晴らしさを発揮していました。

早速レビューにうつりましょう。





当時小さい頃に観に行き、何年後かの今また見させていただきました。

小さい頃はただ楽しい映画だったという印象ではあったので、子供が楽しめるというのはクリアしています。

では、大人になったら?となると心配になり見てしまいましたが、以外とこれが楽しく見れたし、笑える部分も普通に笑ってしまいました

ではなにが素晴らしかったのかを話していきます。



まず、映画の醍醐味としていろんな料理が映ります。アニメならではの冷たい印象は特になく、料理は温かみがあり、どれも美味しそうです。

レミーが初めて作った料理も材料は拾い物にも関わらず、美味しそうに見えてしまいます。

フランス料理を取り扱っているので、フランスの料理人の姿も見れます。

料理の時の心得、注意やルールなどの基本的なこともこの映画では分かりやすく説明をされダラダラとやらないのが印象的です。まるでフランス料理を作るみたいに

さらに終盤あたりで料理人のプライドを見せられる所があります。
あまりネタバレはしませんが、通常ならディズニーやピクサーなら助ける場面をこの映画では助けずにプライドを傷つけられて料理人達が帰ります。

そういうのを綺麗にしないで、プライドや心をリアルに捉えたのは素晴らしいと思いました。
そういうのがあったからこそ最後も主人公を応援したり、見ていて楽しめたと思います。




f:id:Ko-tachannel:20170219024836j:plain




ネズミのレミーやネズミたちも細かいです。

人に近づこうとして2本立で歩くレミーに対し、他は普通の歩き方をしています。
これも他のネズミをアニメらしいキャラに仕上げなかったのは印象的で、こうすることでレミーは他とは違うというのが見て分かります。

「手をつくと汚れてしまう」というレミーの言葉。細かく見ると走ったりするときは流石に4本足で走りますが、その後の立ち上がるとき必ず手を払うんですよ。
そういう細かい部分にもちゃんと気を使うのは素晴らしいなと思いました。

ネズミ関連で思い出しましたが、人間も主人公以外ネズミに対し悪感をついてました。
ネズミを見て吐きそうになったり、ネズミがいることでレストランが潰れる危機になったり、
それもやはりリアリティがあり、アニメーションではあるんですが、しっかりと正しいものを見せてだからと言って説教臭くしないという演出を取り入れてましたね。

用はリアリティに対して上手くピクサーらしい演出やストーリーを組み込めていたなと、私は言いたいです




f:id:Ko-tachannel:20170219024852j:plain




ストーリーに関しても文句はありません。

レミーと主人公のリングイニとの関係性も波があって絆が深いなと思えたし、その2人の成長もしっかりと写していました。

料理の話や、恋の話などあるんですが、私が見ていて印象深かったのは、レミーに父が仲間の死体が罠や殺鼠剤とともに陳列された店の前に連れて行ったシーンです。

それもそれで衝撃的でしたが、父の台詞が結構直球で子供に対してもオブラートに包まず、「お前たち(人間)のやっていることは酷いことをやっているんだぞ」と投げ掛けられたようでした。

こういうのをあえて子供が見るような映画で見せることで、大人は今一度考えるし、子供は命に関して深く考える事ができるでしょう。



全体的にネズミの視点で映像が流れて臨場感がありそれだけでも子供は楽しめるし、大人もストーリーやメッセージで考えさせられたり、純粋に楽しめることもできる映画です。

吹き替えで見ましたが、佐藤隆太の声優としての演技も素晴らしいので吹き替えでも安心して見ることができるでしょう。



そんな感じですね。


■評価


f:id:Ko-tachannel:20170219024906j:plain


最終評価は…




☺☺☺☺☺|☺☺☺☺☺

10/10です。

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

 

  • 恋愛/❤❤❤❤・
  • 友情/💚💚💚💚💚
  • 楽しい/💛💛💛💛💛
  • 感動/💙💙💙💙・

【誰でも年齢問わず楽しめる映画】



はい、久々に見ましたが本当に素晴らしなと思えた映画です。

子供の頃のようにあまり楽しめないかなと変に期待はしないで見ましたが、考えさせられるし、勉強にもなり、ただ見てても楽しめる映画でした。

強くオススメする作品です!





さて、次の記念すべき10作目の作品発表です!

次回はこちら!















f:id:Ko-tachannel:20170219023739j:plain

リロ・アンド・スティッチ
です!

大人気ディズニーキャラクターの映画作品ですね。もちろん私も大好きなキャラクターです!

果たして映画としてはどうなのか?楽しみです。





はい、そんな感じで!

それでは!

 

ディズニー映画制覇まで残り…


f:id:Ko-tachannel:20170219023948j:plain