読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ko-taブログ~気ままに映画レビュー~

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『シング・ストリート 未来へのうた』評価&レビュー【Review No.105】

2016年映画 映画 洋画

f:id:Ko-tachannel:20170130020722j:plain

■映画情報

公開日/2016年7月9日

上映時間/106分(1時間46分)

監督/ジョン・カーニー

製作国/アイルランド&イギリス&アメリカ合作

■予告


■あらすじ

大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。

引用元:シング・ストリート 未来へのうた : 作品情報 - 映画.com

■Review


f:id:Ko-tachannel:20170130020736j:plain


『シング・ストリート 未来へのうた』(原題:Sing Street)は好きな女性を振り向かせるためにバンドを結成した少年の青春とコメディで作られたミュージカル映画になっています。

監督は『はじまりのうた』ONCE ダブリンの街角でで知られるジョン・カーニー監督です。
今回の作品はジョン・カーニーの半自伝的な映画になっています。

評判のほどはネットやレビューサイトで見て高い評価を受けているというのは知ってたんですが、
私の近くの映画館でやっていなかったので、デジタル配信で見させて頂きました。

今の所デジタル配信は字幕版しかないので見るときには気をつけてください。(2017年1月29日 現在)





さて、評判通りとても素晴らしい映画でした。ジョン・カーニー映画は初めて見ましたが、ここまで楽しくて暖かくなれる映画になるとは予想外でした。

このテーマやストーリー自体は好きな人を振り向かせるためにバンドを結成して、MVに好きな人を出すというシンプルなものにも関わらず、
そのシンプルでありながら、内容が結構詰まっている作品でしたね。



それが一番言えるのは14歳の少年の思春期ならではの問題や悩み、それから考えや行動が結構共感できるんですよ 

14歳や思春期は死なない限り誰しも通る道で私もそういう時期はありました。
なんか現状に流されたり、ブレていたりする時期はこの映画の中にもあったりして
兄から聞いたバンドの曲を聞いてはその服装や髪型を真似したり、その曲を真似た曲を作ったり

そういった子供の時の大人の真似事とか、大人に近づこうとしているのは共感できました。それを良くわかった上でやっていて、それをコミカルに描いていましたね。
映画の中での子供も演技や台詞が子供らしいんですよ

たまに子供らしくない演技や脚本をみる映画はありますが、これには一切ないので脚本は素晴らしいと思います。



それから個人的に気に入ってるのは兄との兄弟の絆ですね。それもそれで見ものですよ。

兄が好きなバンドの曲を主人公に薦めたりするシーンが多いですが、それでも絆は見えていたし、
兄もキャラクターから演技まで自然的で上手いなと思いました。




f:id:Ko-tachannel:20170130020746j:plain




それからなんと言ってもバンドの曲、音楽が素晴らしいです!

何曲かフルで流していて、それらが主人公の心情だったり、好きな人の気持ちや、伝えたい気持ちなんかを上手く表していていました。
それら全て好きになれる曲ばかりですね。

特に面白いのは、途中から上手くなってくるんですよ。
最初は歌もあまり声出せてないし、リズムはめちゃくちゃでそれでも彼らは気にせず本気でやってるんですが、
途中から段々と歌やリズム、全体的な曲としての出来が上手くなっていって
その成長を見ているときも楽しかったりしましたね。

主人公のバンド以外でも80年代の曲が流れていて、それらが好きだよっていう人も楽しめると思います





全体的に音楽も素晴らしいし、メッセージ性も強い、ストーリーも申し分ない映画です。

映画自体はコミカルで明るいですが、少し悲しくなるシーンはあります。
それらも伝えたいテーマだったり、少女の気持ちや、少年の気持ちを上手く感動的に伝えていたと思います。
ネタバレになりそうなんで、あまり多くはいいませんが。



恋愛だったり友情や家族や兄弟、学校、音楽、なにかに葛藤したり、そして楽しんで気づいていって、
シンプルなストーリーなのにそれらを上手く濃縮させ、
14歳の主人公が少し大人に成長するという映画としても見れますね。

ここまで音楽で心を揺さぶられるのは久々ですし、これを観た何時間後にでもまた見たいなと思える映画です。

本当に素晴らしい映画だと思います



そんな感じですね


■評価


f:id:Ko-tachannel:20170130020801j:plain


勿論評価は…




☺☺☺☺☺|☺☺☺☺☺

10/10です!

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

 




はい、ミュージカル映画にしてもコメディ、恋愛でも素晴らしい映画でした!

観たあとにここまで心に残ったり、音楽も頭にまだ残っていたりする映画ってなかなか無いと思います。

ぜひ、見ることを強くオススメします!






はい、そんな感じで!