読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ko-taブログ~気ままに映画レビュー~

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

【2017年】私的注目公開映画TOP10【洋画編】

2017年映画 映画 洋画

f:id:Ko-tachannel:20161223021126j:plain

どうも、Ko-taです。


今回は前回に引き続き2017年公開される映画で私が個人的には注目している作品を10作ご紹介します。



前回は【邦画編】ということで、今回は【洋画編】でお送りします。



まだ【邦画編】を見てない方はこちらもどうぞご覧ください!



さて、来年公開される洋画ですが、かなり注目作品が多いですね。

なかでも私も大好きなアメコミヒーロー映画の種類は多いですし、
なにより有名作品の続編も目白押しされています。



その中で私がなんとか10作決めた注目の洋画作品をご紹介していきます!




■10位:『美女と野獣


f:id:Ko-tachannel:20161223021140j:plain


ディズニーアニメ映画の人気作で私のブログでもご紹介した『美女と野獣』の実写化映画



前にディズニーの名前ではなく、原作の方をもとにした映画も昔ありましたが、今回はディズニーを元にしているのであまり残酷なものではないと思います。

主演のエマ・ワトソンも大好きな作品で、そのベル役をやっています。

ベルは勿論映画全体がゴージャスな作りなので、作品自体は期待していいかと思います


■9位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』


f:id:Ko-tachannel:20161223021153j:plain


大人気作『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編の5作目です。



まだ細かい情報が明かされていなく、このランキングにしましたが、

ツムツムで最近ツム化されたり、来年のディズニー夏のショーではパイレーツ・オブ・カリビアンをメインにしたものにするという情報も上がっています



来年はもしかすると、パイレーツ・オブ・カリビアン旋風がまたやって来るのではないかと期待しています。


■8位:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』


f:id:Ko-tachannel:20161223021206j:plain


前作が予想よりも楽しく、面白い映画でしたので、この続編もやはり期待はしたいです!



予告でのPOPな曲での宇宙バトルは勿論、スターロードとガモーラとの恋、

そして新キャラクター(?)ベビー・グルートの活躍も期待です。



しかしなぜ邦題をリミックスにしたんでしょう?
普通に原題のVol.2の方がカッコイイような……


■7位:『ラ・ラ・ランド』


f:id:Ko-tachannel:20161223021224j:plain


ポスターにもある通り、アカデミー賞を獲得できるくらいの作品。



予告を見た限りでの私の感想はただ純粋に面白そうというシンプルな感想。

しかし、この映画では歌でのアフレコはなく、すべて生歌になっているらしいです。



私個人はミュージカル映画は嫌いではないので、今年のミュージカル映画の中では興味がある作品ですね。


■6位:『沈黙-サイレンス-』


f:id:Ko-tachannel:20161223021236j:plain


もう名作の匂いしかしないこの映画。

原作は遠藤周作の『沈黙』、そして監督はマーティン・スコセッシと豪華。



江戸初期のキリシタン弾圧をテーマにしている作品で、
予告からする限り、悲しく、そして惨い映画になるのかな?と思います。いい意味で



踏み絵などが出てくるので、中学の歴史を頭に入れているならちゃんと日本人でも楽しめる映画になっているとは思います。


■5位:『モアナと伝説の海』


f:id:Ko-tachannel:20161223021245j:plain


ディズニー映画最新作!



南国を舞台にした作品はお馴染み『リロ&スティッチ』以来になり、
南国のヒロインを主人公にしたのは初になります。

リロ&スティッチ [DVD]

リロ&スティッチ [DVD]

ヒロインを主人公にした作品は色々出してきましたが、映画の雰囲気、曲、テーマからすると『アナと雪の女王』より明るい作品になるかと思います



そしてなにより海や風景の映像が綺麗だというのも注目でしょう


■4位:『メッセージ』


f:id:Ko-tachannel:20161223021255j:plain


ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品、
主演はエイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカーとなっています。



私の好きなジェレミー・レナーが主演しているのは勿論、
今年開催された東京国際映画祭にも出展され、
これを見た人たちからは良い評判を聞いたので、気になる作品でもあります。



美しい世界観、そして謎の物体はなんの為に現れたのかが、注目すべきところでしょう。


■3位:『ジャスティス・リーグ


f:id:Ko-tachannel:20161223021126j:plain


DCコミックのヒーローたちを集めたチーム、それが『ジャスティス・リーグ



スーパーマン、バッドマンは勿論、世界最強の女性ワンダーウーマン、地上最速のフラッシュ、7つの海の王アクアマン、全身機械男サイボークが登場。



マーベルが出している人気作『アベンジャーズ』のパクリと言われていますが、歴史的にはこちらが先です。



私的にはやはりヒーロー映画は好きですので12月まで楽しみですね。


■2位:『スパイダーマン ホームカミング』


f:id:Ko-tachannel:20161223021312j:plain


ディズニーにオズワルドが帰ってきたくらいの感動とおかえり!

マーベルにスパイダーマンが戻ってきたということで、前回の『シビルウォー』にも登場しましたし、そしてついにマーベルとしてのスパイダーマンが見れます!



日本でもかなり馴染みがあり、有名なヒーローですので公開したら映画館はもしかすると大混雑するでしょう。



しかし、それでもマーベル×ディズニーが送るスパイダーマンはこの目で大画面で見てみたいですね。


■1位:『ドクター・ストレンジ』


f:id:Ko-tachannel:20161223021318j:plain


もうすぐ公開するというのもあり、今まさにこれを書いている時でも楽しみにしている私w



主演のベネディクト・カンバーバッチのドクター・ストレンジはピッタリでカッコイイ!

ストーリーは勿論、映像技術、戦闘も全て楽しみな作品です!





いかがでしょうか?

勿論他にもまだまだ紹介したい作品がありますが、とりあえずまた今度細かく季節ごとに紹介をしていきます



さて
来年の洋画の見所はズバリ

続編映画&ヒーロー映画が多い!

 


大作の続編が来年公開するというのも聞きますし、
なにより紹介できなかった『ワンダーウーマン』や『ソー ラグナロク』も含めるとヒーロー映画は目立ちますね



しかし、それでも十分に期待はできますし、どの作品も公開が待ち通しものばかりです!

出来れば今回紹介した映画は全部見たいですねw



はい、そんな感じで!