読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『ザ・ウォーク』評価&レビュー【Review No. 020】

どうも、Ko-taです。


このレビューブログの映画作品早くて20作目です!本当ありがとうございますm(__)m


さて、今回はこちら!


f:id:Ko-tachannel:20160923220830j:plain

ザ・ウォーク』(原題・The Walk)です!


どんな作品か早速見てみましょ!


注・ここから先はネタバレが含まれることがあります。また、個人の見解で話しています

■予告


:title]

■Review


日本では2016年1月に公開された映画です。
TOHOシネマズさんでも予告はかなりしてましたがあまり話題にはならなかったですね…


ロバート・ゼメキス監督作品。


1974年にワールドトレードセンターでビルの間で綱渡りをしたフィリップ・プティの実話を元にした映画になっています。


f:id:Ko-tachannel:20160923221118j:plain


私はこの話はすこし聞いていたことがあって、なんかのバラエティ番組で紹介していた記憶はあります。


良いところはまずCGですね。ワールドトレードセンターを真下から見た感じなんて本当にリアルでした。

私もDVD見ながら「うわうわうわ!」とか言ってましたからねw


この映画は前半は主人公の生い立ちや恋や人生を追っていったり、後半からはワールドトレードセンターの綱渡りの決行までのストーリーになっています。


正直いうと前半はたしかに大切な要素ではありますが盛り上がりがあまりないんで少しつまらない部分はあります。


後半からは盛り上がりを見せましたね。
仲間たちをどんどん集めて、その日に決行をするところまでが何かスパイ映画のように感じられました。


音楽もホップな感じのものをえらんでいたので、


「つまらなそう」「難しそう」とこの映画を捉えてる人は別にそうではないよと言いたいです。



少し悪い点を言うと、ナレーションだったりとかが多い感じはしました。


その日の感想や感動などを語ったりするんですが、所々不要だなとは思いました。


ただ別にウザいぐらいまででもないです。


恋に関して言わせると、深い関係性や愛とかがその映画に出ていない感じがして、なんか恋に関しては応援できない感じがしてしまいました。



それから綱渡りをする理由も最初は何となくは分かるんですよ。


金や地位とかではなく、ただそれが目標だよっていうのは分かるんですが人によっては分かりにくいかなとは思います。


この映画のメインの綱渡りですが、思ったよりも短く感じますが、とても濃いですね。


なにより本当にCGや技術的なものが完璧で、ハラハラ感はたまりません。


そしてナレーションのことを話しましたが、最後の台詞には心を捕まれました。


これはあえていいません。


しかし、彼に対しては悲しいことではあるということだけは伝えましょう

■まとめ&評価


評価は…

6/10です。


私は好きな映画でしたが、人を選ぶ作品かなと思います。


ですが、それでもこの映画は見ることに損はありません


あと…

高所恐怖症の人は見ないことをオススメしますw


そんな感じで!