読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOUTAの映画DASH!!

映画、劇、色んな作品を簡単に、出きるだけ短時間で気ままにレビューするブログ。

映画『アーロと少年』評価&レビュー【Review No.019】

どうも、Ko-taです


今回はこちら


f:id:Ko-tachannel:20160923181116j:plain

『アーロと少年』(原題・The Good Dinosaur)です!


今年のディズニー映画はかなり豊富に揃っていますね。『ファインディング・ドリー』『ズートピア』『BFG』と多い年かなと思います。


その中の今日は『アーロと少年』を見ていきたいと思います。


注・ここから先はネタバレが含まれることがあります。また、個人の見解で話しています

■予告


[http://www..com/:title]

■Review


f:id:Ko-tachannel:20160923181147j:plain


隕石が堕ちなかった世界で恐竜が生き延びてきた世界が舞台です。
弱虫でいつも失敗ばかりのアパトサウルスのアーロはある日川に流されてしまい、一人自分の家族と離ればなれになります。
そこに良く思っていなかった少年スポットと出会います。
家までの旅の中で少年と絆と、アーロの成長を描いた作品です。


ストーリーはかなりシンプルにできていて、これはつまらないと言っている人がいますが、それはそれで見やすいものでしたし、
子供からしたら、簡単に見れる作品ではあります。

ただ、大人も楽しめるかと言われたら別の話かと思います。


良かった点をあげると、まず背景や風景がかなり綺麗に仕上がってるんですよ。
水の流れだったり、砂ぼこりも結構細かい部分も綺麗に仕上がっています。


f:id:Ko-tachannel:20160923181202j:plain


そして少年スポットはとても愛着沸きます。
言葉を発しない変わりに、表情や動きで全ての感情が分かるので、とても可愛らしく見えました。


賛否両論はありましたが、台詞が少ない部分に触れると私は良かったと思います。


台詞を発しない分でもアーロとスポットの絆の深まり方が分かりましたし、


正直、アーロとスポットの別れのシーンも台詞が無い分、気持ちは伝わり正直泣きましたw


悪い点を言うと、背景や風景が綺麗な分、アーロやその恐竜たちが浮いて見えたり、なんか別の世界と間違えて来たんじゃないかと思います。


f:id:Ko-tachannel:20160923181309j:plain

例えるなら画風はそのままで風景や背景は『北斗の拳』なのにキャラクターは『ラブライブ!』って感じですね。


その風景とマッチしていなく、違和感を覚えたりはしましたね。


あと恐竜ですが、ティラノサウルは良かったんですが、別の恐竜キャラクターはいなくてもストーリーは成り立つかなとは思います。


そして矛盾はするんですが、いらないとは言ったんですが、かなり恐竜が出る回数が少ないんです。


風景に交えてもいいから、恐竜の群れなりいれても良いかなとは思います。


あと…子供向けとは言ったんですが、かなり目を背けたくなるグロテスクな部分はあります。
別に血がいっぱい出る訳ではないです

ただ虫が異様に気持ち悪かったり、小動物を恐竜が食べたりと…


あと夢のシーンとかはトラウマになるかなと思います。
ダンボ』のピンクの像以来のトラウマかと私は思いますw
 

食べたりするのは世界観からはおかしくはないですが、ディズニーらしくはないなとは思います。


そんな感じです

■まとめ&評価


ふまえて評価は…

7/10です。


駄作と言ってる人もいますが、別に駄作とは私は思いません


感動する部分はやはり感動はします。


シンプルではありますが、またそれも見やすくアリではありました


そんな感じで!